· 

改元 『令和』 に決定

新元号が『令和』に決まりました!

2019年(平成31年、令和元年)に、皇室典範特例法の規定に基づき、日本では202年ぶりとなる今上天皇の譲位(4月30日)と皇太子徳仁親王の即位(5月1日)が予定されている。この皇位の継承を受けて、元号法の規定に基づき、5月1日に元号が「平成」から「令和」に改められる予定である。日本の憲政史上初めて、天皇の生前退位による皇位の継承に伴って改元が行われる。なお、「譲位」か「(生前)退位」か、と言う表現を巡っては、『「天皇の国政不関与」という壁ゆえ、「皇位を譲る」という政治的ニュアンスを極力少なくする為に「自ら皇位を降りる」という個人的行為に寄せた』と言う論説もあるほか、2016年段階の報道各社局でも「譲位」と「退位」とで姿勢が分かれていた。

 

「令和」の典拠は、『万葉集』の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文(「梅花の歌三十二首并せて序」)である。確認される限りにおいて初めて漢籍ではなく日本の古典(国書)から選定された。

 

2019年は、4月30日までが平成31年、5月1日から令和

湘南藤沢不動産情報館 (株)田辺工務店 

藤沢市大庭 6964  

Tel 0466-81-6316 Fax 0466-81-0561